Original material

オリジナル・教材

幼少期の子ども達の世界の中心は「自分」です。

特に会話をするとき、自分を中心にまず必要なもの(要求)や身の回りにある物や起こったことを

伝えようとしていることがほとんどだと思います。

確かに色・形や動物などから学ぶことは、子どもにとっては分かりやすく会話にも必要なものでも

ありますが、必要以上に長く学べばいいものではありません。

English Masaでは、この時期の彼らが自分達から発したい(伝えたい)気持ちを優先し、それに

合わせられるような、単語やフレーズなどを取り入れてレッスンしていくことを理想としています。

例えば、通常の市販テキストであれば、「want」を使った文章は2冊目で出てきます。

でもどうでしょう、幼児期の子ども達が日常多く口にする表現は「(自分・友達と)〜したい!

〜ほしい!」といったやり取りを多く耳にします。

こういった子ども達が日常よく使うようなフレーズを時期に合わせて、また子ども達の進行具合

を見ながら取り入れることで、使用する機会を増やし、会話力アップにつながるように促します。

 

毎回、ある程度習う単語数を決めています。それによって、混乱せずに使いたいフレーズをすぐに思い出せるように促しています。また、同じ単語でも様々なシーンで繰り返して使い、実際に口に出して練習する時間を多く取るようにしています。このような方法でまず教材に出てくる英語の基礎をしっかり覚える。そして様々な主語や動詞の形があること、疑問文などを段階を踏みながら学習します。

 

週1回だけの語学学習では時間的に十分とは言えません。でもクラスの中の大人数の中で色々なパターンの文章を耳にする。そして家庭でも学習できるよう各レッスンごとにYouTubeの復習ビデオを用意しています。宿題を完成させるのにYouTubeのビデオを見ざるを得ない場合も多く。その週の単語・フレーズはもちろん、よく使う動詞などもビデオで紹介しています。無料で提供していますのでどのビデオでも何回でも観ることができます。

 

こういう風にイングリッシュ・マサオリジナル教材を効率よく使いこなせたら、より意味のある英語レッスンを受けることができます。